メインイメージ

大切なこと

社団法人の設立は比較的簡単ですが大切なこともある

社団法人とは福祉や医療関係、何らかの支援団体が法人化していることが多く「営利を目的としない」法人です。営利を目的としないということは、物品やサービスを提供しても代金をもらわないということや、従業員が労働に対して給料をもらえないというものではありません。誰でも働いている以上給料をもらわなければ生活が成り立たなくなってやる気も失せてしまいます。

だから働いた分は給料をもらって当然です。そのためには物品やサービスの提供に対しては適正な代金を支払ってもらうことも必要になります。「営利を目的としない」というのは一般社団法人に対して出資や寄付を行った人に対して利益があったからと配当金を渡すようなことがないということです。

株式会社なら出資をした株主はその会社に利益があれば配当金として支払われるので利益を目的として出資をしますが、一般社団法人の場合は利益を求めて出資をするというものではないのです。たとえ物品やサービスの提供での収入から人件費や必要経費を差し引いて剰余金が出たとしてもそれを出資者に配当するのではなく次回や次年度の活動のために使うというものです。

しかし個人や任意団体が何かの支援活動のために出資金や寄付金を募っても、得体のしれない人や団体はなかなか信用されることができず寄付を受けることが難しいのです。そんなときに一般社団法人を設立し法人化することで社会的信用が得られ、寄付を募りやすく人員の募集も行いやすくなるというメリットがあります。

そんな一般社団法人の設立は、株式会社を設立するよりは費用も安く手続きも簡単です。まずは責任者である理事が1名以上、社員が2名以上いることが設立の条件となります。そして事業の内容や目的、活動や労働に関する規約のようなものを記した定款を作成して公証人役場で認証を受けます。それから認証された定款と、理事や社員の印鑑証明書、就任承諾書、登記申請書などの必要書類と一緒に法務局に登記の届出を行い一般社団法人が設立されます。
このように設立は比較的簡単にできますが、その後の活動において大切なことがあります。

法人化されると社会的信用度が高まり活動がスムーズに行われるようになり寄付金や助成金などを募ることができますが、その分、利益を追求する会社などと違って、お客様の気持ちを考えたり社会に貢献できるような活動を行っていくことが、利益を追求するよりも重視するポイントとして日々努力をして行くことが大切になってきます。”

Copyright© 2015 時間をかけることなく社団法人を設立し、公益法人になる All Rights Reserved.