メインイメージ

税務署に行う

社団法人設立の届出を税務署に行うこと

社団法人の設立には関係する役所への届出が非常に多く、しかも煩雑です。さらにそれぞれについて期日が決まっていて、その期間内に届け出ることなどが求められ面倒さも生じます。

社団法人設立では前の書類が審査を経て受理され、届出が確実に終わらないと次の書類申請が出来ないものがあります。定款の作成から公証役場での認証、法務局での一般社団法人設立申請の登記がまさに該当します。順番に前の手続きが終わってから次の申請を行っていく流れで進んでいきますが、この法務局での登記が完了したときというのが一つの起点になるものです。

社団法人設立では、登記が完了した日をもって役所への届出を行う必要が生じます。社会保険及び厚生年金への加入について、取り急ぎ行うことが求められますし、国税の関係の届出を税務署に行わなければなりません。所得税などの関係手続きについての届出になりますが、もし書類の作成などが面倒であったりあるいは他のことで時間をとられる場合は、税理士などに税務署への対応を任せるのも有効な手段です。

煩雑になり、今どこまで書類申請が進んでいるのかなどを考えると、代理人を立てて申請を任せた方が、任せる側としては安心して他のことが行えます。特に登記が完了してからの届出関係は、期間が短いものが多く、書類も多く必要であり大変であることが知られています。したがって、社団法人設立に伴って、事業を開始する関係の書類については、士業の専門家に任せてしまう方が、安心して対応が出来ることは間違いがありません。

社団法人の設立関係では、書類が特に膨大になり面倒さも多くなります。役所との折衝も必要で、交渉ごとも増えます。届け出るだけで済む類などは、書類を揃える面倒さがありますので、士業の専門家に任せてしまうことも一つの方法であると言えます。

士業の専門家に任せることのメリットは、時間を役所への書類作成などにとられることが少なくなり、他の業務に専念出来ることと、もし不備があった場合なども原則としてはそれぞれの専門家が対応をしますので、彼らに任せておいて重要なポイントを抑えれば事足ります。

その他にも、後日関係する手続きをまた別途行わなければならなくなった場合でも、ここで一度任せた経験上、次回も任せることがスムーズに出来やすいことになります。したがって、メリットが大きいので、依頼料の出費はありますが任せた方がいいという考え方が出来ます。”

Copyright© 2015 時間をかけることなく社団法人を設立し、公益法人になる All Rights Reserved.